チュニジア国家観光局(政府観光局)公式サイトより抜粋

 

地中海の覇権争いの舞台となった、波瀾万丈の歴史

 

チュニジアの歴史は紀元前9世紀、フェニキア人による植民地都市・カルタゴの建設に遡ります。

 

商才に長けたフェニキア人は、カルタゴを拠点に地中海の交易で栄え、ギリシャやローマとの覇権争いを繰り返しました。

 

そしてカルタゴ建設から約200年、ついに勢力を増したローマがカルタゴに勝利し、ローマ人の支配が始まります。

 

しかし、その後7世紀に入ると、アラビア半島で興ったイスラム王朝ウマイヤ朝が北アフリカに侵攻。ローマ帝国の衰退にともない、アラブ人によるチュニジア支配時代が訪れます。

 

その間、北アフリカの土着民族・ベルベル人との攻防もあり、その後もスペインやオスマン・トルコなど、ヨーロッパおよび中央アジア諸国から狙われたチュニジアは、地中海の覇権争いの舞台となりました。

 

数々の文化が融け合うその独特の風土は、こうした歴史によって育まれています。

 

7世紀以降、長きにわたるアラブ人の支配により、現在もアラブ=イスラム文化圏として知られるチュニジアですが、特にローマ時代の遺跡が数多く残され、世界遺産にも多数登録されています。

 

worldheritage260_2_20120902234102

カイラワン(ケルアン)のグランド・モスク

 

 

消えた古代フェニキア人都市ーカルタゴ

 

フェニキア(現在のレバノン)の植民地として建設された都市国家カルタゴは、紀元前6〜2世紀頃、優れた海洋技術を持つ貿易大国として栄えましたが、地中海に覇権を伸ばすローマ人の勢いに飲まれ、3回にわたる「ポエニ戦争」により徹底的に破壊されました。

 

その後すぐにローマ人の入植がはじまり、街はローマ風に作り変えられてしまったため、カルタゴ時代の遺跡は墓地や軍港跡などしか残っていません。

 

worldheritage255_2_20120904082015

カルタゴ遺跡

 

 

アフリカ最大規模のローマ遺跡ードゥッガ

 

カルタゴの南西約100Kmに位置するドゥッガには、アフリカで最大規模かつ最良の保存状態を保つ古代ローマ遺跡があります。

 

ドゥッガは紀元前46年からローマ人の支配下に入りましたが、旧来の制度が廃止されずリビア人やフェニキア人と共存していたため、それぞれの文化が融合した独自の風土が育まれていました。

 

worldheritage261_2_20150323084114

ドゥッガの中心・キャピトル神殿