外務省ホームページより引用

 

★政治関係

 

(1)日本は1956年6月26日にチュニジアを承認し、1969年2月5日に在チュニジア大使館を開設。1985年以来定期的に「日・チュニジア合同委員会」が日本。チュニジアで交互に開催され、二国間関係全般、中東情勢、アジア情勢等について幅広い意見交換が行われている。2012年2月には東京において第8回合同委員会が開催された。

 

(2)2011年3月の東日本大震災に際し、チュニジアからツナ缶6万個の物資供与があった他、在京チュニジア大使館のイニシアティブで宮城県石巻市及び千葉県旭市に支援ミッションが派遣され、救援物資の提供や炊き出しが行われた。

 

 

★経済関係

 

(1)日本の対チュニジア貿易額(出典:財務省貿易統計,単位:億円、2014年)

輸入(CIF) 158(対前年比 +23%):まぐろ(39)、電気機器(28)、衣類(34)

輸出(FOB) 98(対前年比 +14%):自動車(43)、機械(19)、電気機器(11)

 

(2)日本からの進出企業数12社(現地法人化された企業を含む)

 

 

★文化関係

 

(1)チュニジアに海外拠点を設置する筑波大学を中心とした学術交流

(2)国費留学生の受入れ

(3)日本映画・アニメの上映会の実施

(4)日本人音楽家によるコンサートの実施

(5)日本語講座を設置する語学学校への支援 等

 

 

★在留邦人数

 

195名(2013年10月,外務省)

 

 

★在日当該国人数

 

336名(2011年12月,入管当局)