平成28年1月15日(金)、在日チュニジア共和国大使館において、「記念講演」及び「ダラジ駐日チュニジア大使主催記念レセプション」が開催されました。

 

日本チュニジア友好協会(小野安昭会長)主催の記念講演では約40人の参加者が集まり、私市正年氏(上智大学・総合グローバル学部教授)が「チュニジアの4人の歴史的英雄~ハンニバル、ユグルタ、聖アウグスティヌス、イブン・ハルドゥーン」と題し講演を行いました。

 

続くレセプションでは、政財界やチュニジア関係者約80人が集い、両国間の活発な交流が行われました。

 

レセプションの途中、松田嘉子氏(ウード奏者・多摩美術大学教授)がアラブの伝統的な楽器ウードを演奏し、会場の参加者を魅了しました。

 

日本とチュニジアは今年で国交60周年を迎え、小野会長は「今後も60周年に相応しいイベントを開催していきたい」と話していました。

 

16

私市正年氏(上智大学・総合グローバル学部教授)

記念講演会の参加者

記念講演会の参加者

ダラジ駐日チュニジア大使(左)と小野安昭会長(右)

レセプション風景

レセプション風景

松田嘉子氏(ウード奏者・多摩美術大学教授)

松田嘉子氏(ウード奏者・多摩美術大学教授)